2014年03月25日

Ubuntu 12.04 LTS に Oracle Java をインストールする

GNU Javaだと不都合があったので、Ubuntu 12.04 LTSにOracle Javaをインストールする必要がでてきたので、メモ


$ sudo apt-get update
...(なにやら色々出る)...

$ sudo apt-get install -y python-software-properties
...(なにやら色々出る)...

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
You are about to add the following PPA to your system:
Oracle Java (JDK) Installer (automatically downloads and installs Oracle JDK6 / JDK7 / JDK8). There are no actual Java files in this PPA.

More info:
- for Oracle Java 7: http://www.webupd8.org/2012/01/install-oracle-java-jdk-7-in-ubuntu-via.html
- for Oracle Java 8: http://www.webupd8.org/2012/09/install-oracle-java-8-in-ubuntu-via-ppa.html

Debian installation instructions: http://www.webupd8.org/2012/06/how-to-install-oracle-java-7-in-debian.html
More info: https://launchpad.net/~webupd8team/+archive/java
Press [ENTER] to continue or ctrl-c to cancel adding it

...(Enterを押す)...

gpg: keyring `/tmp/tmpzIVGiU/secring.gpg' created
gpg: keyring `/tmp/tmpzIVGiU/pubring.gpg' created
gpg: requesting key EEA14886 from hkp server keyserver.ubuntu.com
gpg: /tmp/tmpzIVGiU/trustdb.gpg: trustdb created
gpg: key EEA14886: public key "Launchpad VLC" imported
gpg: Total number processed: 1
gpg: imported: 1 (RSA: 1)
OK

$ sudo apt-get install -y oracle-java7-installer
(または sudo apt-get install -y oracle-java6-installer )
(または sudo apt-get install -y oracle-java8-installer )

Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
.....
(ライセンスアグリーメント等が表示されます)
.....

$ java -version
java version "1.7.0_51"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_51-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.51-b03, mixed mode)


できた!
posted by 萬識楽 at 22:55| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

Linuxで使えるIDSについて調べた(続編)

Vyattaというツールが商用も含めて機能が充実している。
IDSそのものは入っていないようだが、下記のようなコンポーネントが含まれている。

主にOSSで構成されているようだ

IPv4 / IPv6 Routing
≫ BGPv4, BGPv6
≫ OSPFv2, OSPFv3*
≫ RIPv2
≫ Static Routes
≫ IPv6 Policy
≫ IPv6 SLAAC
IP Address Management
≫ Static
≫ DHCP Server
≫ DHCP Client
≫ DHCP Relay
≫ Dynamic DNS
≫ DNS Forwarding
≫ DHCPv6 Server
≫ DHCPv6 Client
≫ DHCPv6 Relay
Encapsulations
≫ Ethernet
≫ 802.1Q VLANs
≫ PPP
≫ PPPoE
≫ IP in IP
≫ Frame Relay
≫ MLPPP
≫ HDLC
≫ GRE
Firewall
≫ Stateful Inspection Firewall
≫ Zone-based Firewall
≫ P2P Filtering
≫ IPv6 Firewalling
≫ Time-based Firewall Rules
≫ Rate Limiting
≫ ICMP Type Filtering
≫ Stateful Failover
Tunneling / VPN
≫ SSL-based OpenVPN
≫ Site to Site VPN (IPSec)
≫ Remote VPN (PPTP, L2TP, IPSec)
≫ OpenVPN Client Auto-Configuration
≫ Layer 2 Bridging over GRE
≫ Layer 2 Bridging over OpenVPN
Additional Security
≫ Network Address Translation
≫ Sourcefire VRT Intrusion Prevention
≫ VyattaGuard Web Filtering
≫ DES, 3DES, AES Encryption
≫ MD5 and SHA-1 Authentication
≫ RSA, Diffie Helman Key Mgmt
≫ NAT Traversal
≫ Role based access control
WAN / LAN Device Drivers
≫ WAN Device Drivers - ADSL, T1, T3
≫ Intel 10/100Mbps - 10Gbps
≫ IEEE 802.11 wireless
≫ Drivers in 2.6.31 Linux Kernel
≫ Synchronous Serial
- V.35, X.21, RS-422, EIA530
Performance Optimization
≫ WAN Link Load Balancing
≫ Ethernet Link Bonding
≫ Web Caching
≫ MLPPP
≫ ECMP
≫ Bandwidth Management
QoS Policies
≫ Priority Queuing
≫ Network Emulator
≫ Round Robin
≫ Random / Weighted Random
≫ Classful Queuing
≫ Ethernet Header Matching
≫ VLAN Tag
≫ IPv6 Address
≫ Port Mirroring
High Availability
≫ Stateful Firewall / NAT Failover
≫ VRRP
≫ HA Clustering
≫ Configuration Replication
≫ RAID 1
≫ IPSec VPN Clustering
≫ Protocol Fault Isolation
Administration & Authentication
≫ Integrated CLI
≫ Web GUI
≫ Vyatta Remote Access API
≫ Telnet
≫ SSHv2 / SSH Public Key
≫ Binary Image Install
≫ RADIUS
≫ TACACS+*
≫ Single Configuration File
Diagnostics & Logging
≫ tcpdump
≫ Wireshark Packet Capture
≫ BGP MD5 Support
≫ Serial Loopback Commands
≫ Netflow / sFlow
≫ LLDP
≫ Syslog
≫ SNMPv2c
≫ SNMP for IPv6

ベースとなるOSがDebianなのが個人的にはちょっと面倒だが、
サポートもあるので、会社で利用するにはいいパッケージかもしれない。

フリー版&日本語ユーザ会があるのも嬉しい。

http://www.vyatta-users.jp/aboutus.html
http://www.vyatta.org/
posted by 萬識楽 at 14:10| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

Linuxで使えるIDSについて調べた



AWS(Amazon Web Services)上で不正侵入検知を行いたいという要件があり、
Linux上で動く商用IDSを調べたのだが、Dragonってやつしかなかった。
http://www.insi.co.jp/dragon_ids/index.html

みんな、snortってやつを使っているらしい。
http://www.snort.org/

OSSで、無料&高機能なのがポイントらしい。
そうはいってもポリシーの設定やら更新やらはみんなどうしているのだろうか。。。
posted by 萬識楽 at 17:08| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

CentOSのホスト名を変更する

一回インストールしてしまったCentOSのホスト名を変更する。

■/etc/sysconfig/networkを変更する

# hostname
beforehost.localdomain
# vi /etc/sysconfig/network

編集内容

NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=beforehost.localdomain



NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=afterhost.localdomain


■再起動するとホスト名が変更される。

# shutdown -r now

再起動後

# hostname
afterhost.localdomain
# vi /etc/sysconfig/network
posted by 萬識楽 at 13:42| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

BABOKとはなんぞや

最近は要求開発の知識体系として「BABOK(Business Analysis Body of Knowledge)」というのがあるらしい。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110209/357069/
posted by 萬識楽 at 14:37| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。