2010年04月28日

subversionをインストールする

超簡単ですが、念のために書いておきます。

--------------------------------------------------
# yum install subversion


これだけ。

強いて書くなら、ダウンロードファイルサイズを途中で聞かれるので[ y ]と押す。
 
ラベル:Linux subversion
posted by 萬識楽 at 00:26| Comment(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

yumをインストールする方法

VPSを借りてみたところ、yumがインストールされていなかったため、yumをインストールしてみました。

rpmの一時保存ディレクトリを作成する。
--------------------------------------------------
# mkdir -p /usr/local/src/yumrpm
# cd /usr/local/src/yumrpm


rpmの取得
--------------------------------------------------
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/yum-3.2.22-20.el5.centos.noarch.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/yum-metadata-parser-1.1.2-3.el5.centos.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/python-elementtree-1.2.6-5.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/python-urlgrabber-3.1.0-5.el5.noarch.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/python-sqlite-1.1.7-1.2.1.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/m2crypto-0.16-6.el5.6.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/rpm-python-4.4.2.3-18.el5.x86_64.rpm


インストールの実行!
--------------------------------------------------
# rpm -ihv *


警告: m2crypto-0.16-6.el5.6.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID e8562897
エラー: 依存性の欠如:
        popt = 1.10.2.3-18.el5 は rpm-python-4.4.2.3-18.el5.x86_64 に必要とされています
        rpm = 4.4.2.3-18.el5 は rpm-python-4.4.2.3-18.el5.x86_64 に必要とされています
        rpm-libs = 4.4.2.3-18.el5 は rpm-python-4.4.2.3-18.el5.x86_64 に必要とされています
        python-iniparse は yum-3.2.22-20.el5.centos.noarch に必要とされています
        yum-fastestmirror は yum-3.2.22-20.el5.centos.noarch に必要とされています



と言うことで、追加でrpmの取得
--------------------------------------------------
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/popt-1.10.2.3-18.el5.i386.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/x86_64/CentOS/python-iniparse-0.2.3-4.el5.noarch.rpm


# rpm -ihv *



失敗。
既にインストール済みなのと、GLIBCがない等のメッセージが表示されるので、オプションを変更して実施してみる。
--------------------------------------------------
rpm --ignoreos --ignorearch --noscripts --nodeps -Uvh *


なんとか成功。
念のためバージョン確認。
--------------------------------------------------
# yum --version
3.2.22
  Installed: rpm-4.x.x.x-x.el5.x86_64 at 2009-10-14 12:56
  Built    : [] at 2009-01-21 08:04
  Committed: Panu Matilainen <pmatilai@redhat.com> at 2008-12-02 22:00

  Installed: yum-3.x.xx-xx.el5.centos.noarch at 2010-04-24 14:12
  Built    : [] at 2009-08-20 13:55
  Committed: Karanbir Singh <kbsingh@centos.org> at 2009-08-19 22:00

  Installed: yum-metadata-parser-1.x.x-x.el5.centos.x86_64 at 2010-04-24 14:12
  Built    : [] at 2009-08-27 16:19
  Committed: James Antill <james.antill@redhat.com> at 2009-04-06 22:00



ラベル:Linux yum VPS
posted by 萬識楽 at 00:13| Comment(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

Linuxのバージョンを確認する。

VPSを借りてみたが、yumが入っていなかったので、インストールを実施。
前作業としてバージョン確認をしたので、備忘のために記入。

--------------------------------------------------
# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.3 (Final)

--------------------------------------------------
# uname -a
Linux hogehoge.jp x.x.xx-xxxstabxxx.x #1 SMP Tue Mar 30 17:22:31 MSD 2010 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

--------------------------------------------------
# rpm --version
RPM バージョン 4.x.x.x

ラベル:Linux rpm VPS
posted by 萬識楽 at 23:54| Comment(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

Ubuntuでランレベル毎のサービスの起動方法を変更する。

Ubuntuでランレベル(runlevel)毎のサービス起動方法を変更する方法。
Ubuntuではランレベルの指定は下記のファイルに記載されている。
/etc/event.d/rc-default

サービス(daemon)の起動ルールはsysv-rc-confというツールで変更可能。
ただし、デフォルトでインストールするとインストールされないようなので、インストールしてから利用する。

$sudo apt-get install sysv-rc-conf
$sudo sysv-rc-conf

するとこんな画面が出るので、カーソルを移動してスペースを押せばサービス未起動設定、Xを押せばサービス起動設定と設定の変更が可能

・ SysV Runlevel Config   -: stop service  =/+: start service  h: help  q: quit ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・                                                                                                                           ・
・ service      1       2       3       4       5       0       6       S                                                    ・
・ ----------------------------------------------------------------------------                                              ・
・ apache2     [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ apparmor    [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]                                                   ・
・ apport      [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ atd         [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ bootlogd    [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ console-s$  [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]                                                   ・
・ cron        [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ dmesg       [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ dns-clean   [X]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ grub-comm$  [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ halt        [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ hwclock     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ hwclock-s$  [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ keyboard-$  [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]                                                   ・
・ killprocs   [X]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ module-in$  [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ mysql       [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ networking  [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]     [X]     [ ]                                                   ・
・ ondemand    [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ pppd-dns    [X]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ procps      [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ rc.local    [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ reboot      [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [X]     [ ]                                                   ・
・ rsync       [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ rsyslog     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ rsyslog-k$  [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・ samba       [ ]     [X]     [X]     [X]     [X]     [ ]     [ ]     [ ]                                                   ・
・                                                                                                                           ・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラベル:Linux ubuntu
posted by 萬識楽 at 00:14| Comment(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SELinuxの有効・停止

SELinuxの有効・停止
Sambaの設定はクリアしたが、SELinuxのせいで共有ディレクトリに書き込みできなかったので、SELinuxを停止することにした。
まずは、SELinuxのせいかどうかの調べ方。
1.例によってmessagesログを確認し、SELinuxが原因かどうかを切り分ける。
# view /var/log/messages

※Sambaのアクセスブロックの際はこんな感じのメッセージが表示されていました。
Feb 13 23:46:08 myserver setroubleshoot: SELinux is preventing the samba daemon from allowing remote clients to write local files. For complete SELinux messages. run sealert -l c3758348-37bb-476f-b5c9-03f3573d561b

2.SELinuxが有効化どうかしらべる。
# getenforce

※意味は以下の通り。Enforcingと表示されました。
Enforcing  ←  SELinux機能は有効でアクセス制御も有効。
permissive ←  SElinuxはwarningを出すが、アクセス制限は行われません。。
disabled   ←  SElinux機能・アクセス制御ともに無効

3.とりあえず止める
# setenforce 0
getenforceで結果を確認するとPermissiveに変わっていましたので、とりあえず向こうにはなったようです。
4.次回起動時は最初からSELinuxを起動しない設定にする。
# vi /etc/sysconfig/selinux
ポイントは
SELINUX=enforcing
となっているところを
SELINUX=disabled

と変更することです。
設定は再起動後に有効になります。

ラベル:Linux SELinux
posted by 萬識楽 at 00:13| Comment(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。